鳴門ちどり

松山恵子

鳴門ちどり

作詞:森達二
作曲:袴田宗孝
発売日:2002/10/09
この曲の表示回数:19,408回

鳴門ちどり
千鳥ちろちろ なぜ啼くのやら
泣けば 鳴門の 潮鳴りに
捨てて流した 初恋かなし
所詮逢えぬと 知りつつ又も
波のしぶきに 濡れてゆく

文のかずかず ちぎってなげて
うずにまかせた 私ゆえ
逢えぬ人なら あきらめましょと
きめていながら いくたび通う
千鳥お前も せつなかろ

恋し恋しと なきなき帰る
鳴門海峡よ さようなら
辛いさだめは 女の道に
白くあわだつ うず潮なのか
瀬戸の波間に 残る夢

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム