都会の天使たち

この曲の表示回数 74,835
歌手:

堀内孝雄&桂銀淑


作詞:

荒木とよひさ


作曲:

堀内孝雄


この都会(まち)に 眠りの天使たちが
遊びに疲れて 夜を運ぶ
悲しみのベッドで 瞳(め)を閉じれば
幼い昔へ 誰でも帰れる

せめて愛する人が 隣りにいたら
夢の中まで 連れていけるはず
生きていることさえも 切ないなら
泣いていいから
心を抱きしめて
ひとりで 抱きしめて

人生は想い出 数えるだけ
人肌恋しい 寒い夜は
過ぎた日は いつでも綺麗すぎて
涙のかけらで 飾りをつけてる

せめて悲しい人が 隣りにいたら
夢をわけあい 飲んでいるけれど
めぐり逢えればいつか 別れの日が
待っているから
心が泣きぬれて
ひとりで 泣きぬれて

せめて愛する人が 隣りにいたら
夢の中まで 連れていけるはず
生きていることさえも 切ないなら
泣いていいから
心を抱きしめて
ひとりで 抱きしめて
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:都会の天使たち 歌手:堀内孝雄&桂銀淑

堀内孝雄&桂銀淑の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2000-11-01
商品番号:EPCE-5075
ZETIMA

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP