レールの向こう

この曲の表示回数 4,292

今ではいつのことだか 思い出すことが出来ない
夕暮れどきの電車が あなたを乗せていった

迷子のように 探してしまう
踏切が開けば あなたが 立っているような気がして

「僕は大丈夫」 その言葉は 強がりに過ぎない
あなたのいるとこは はるか遠く
このレールの向こう

あの日の空 溶け出して どのくらい経つのだろうか
電車は行ったり来たり 穴の開いた街を抜けて

後ろ姿 探して歩く
追いかけてもまだ あなたに とても追いつけやしない

会いに行きたいよ 今すぐにでも 飛んで行きたいよ
あなたのいるとこは はるか遠く
このレールの向こう

夕映えは静かに 映し出す
あの頃の幻

「僕は大丈夫」 その言葉は 強がりに過ぎない
あなたのいるとこは はるか遠く
このレールの向こう

「僕は大丈夫」 その言葉は 強がりに過ぎない
あなたのいるとこは はるか遠く
このレールの向こう
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:レールの向こう 歌手:オオゼキタク

オオゼキタクの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2005/09/22
商品番号:VICL-61736
ビクターエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP