椿散る宿

この曲の表示回数 7,508
歌手:

三笠優子


作詞:

あいたかし


作曲:

あいたかし


瀬音さみしい 湯の宿に
みれんと云う名の 荷物をひとつ
捨てに来たのと 涙ぐむ
やせた女の ほつれ髪(げ)に
椿散る 散る 湯の宿かなし

そっとつぎたす お酒にも
おもい切れない 面影浮ぶ
せめて酔せて あの人を
忘れさせてと むせび泣く
椿散る 散る 湯の宿かなし

どこかわびしい 三味(じゃみ)の音(ね)が
あれた心を いやしてくれる
水流れる 花でさえ
別れ惜しんで 浮きしずみ
椿散る 散る 湯の宿かなし
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:椿散る宿 歌手:三笠優子

三笠優子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1995-12-16
商品番号:BVCH-726
BMGビクター

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP