試聴する

たとえきみがどこにいこうと

この曲の表示回数 17,652
歌手:

鈴木雅之


作詞:

西尾佐栄子


作曲:

中崎英也


交差点の人の波 抜け殻の様に肩をぶつけあう
話し声やクラクション 大きくなってゆく 耳を覆うほど

だけどすぐ側に 君の声が いま聞こえる 僕はせつなくて

たとえ 君が
どこにいようとも忘れたくない
これ以上 君にどう言えばいい?
いまも 僕はときめき この胸しめつけている
心は君のもとへ

数えきれないビルの群れ どんな悲しみを窓に映してる

瞳 揺れている 見つめあえば まだあの日の涙が見える

たとえ 君が
どこに行こうとも追い駆けていく
これ以上 君にどう言えばいい?
たとえふたり遠く離れても愛していると
心は君のもとへ

Waiting you
街のざわめきを 駆け抜けていく
どんな夜でも越えていく
Hurting you
くるおしい迷路 迷い込んでる
心は君を呼んで

たとえ 君が
どこにいようとも忘れたくない
これ以上 君にどう言えばいい?
いまも 僕はときめき この胸しめつけている
心は君のもとへ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:たとえきみがどこにいこうと 歌手:鈴木雅之

鈴木雅之の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1991-06-01
商品番号:ESCB-1145
エピックレコードジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP