たったひとつの愛を

中西圭三

たったひとつの愛を

もうひとつのJリーグ エンディング

作詞:売野雅勇
作曲:中西圭三
発売日:1994/03/23
この曲の表示回数:24,742回

たったひとつの愛を
光る街路樹に
君は足を止める
賑わう街の人の波間で
ひとりぼっちで

雪の前兆(まえぶ)れの空
見上げる涙に
いくつ哀しい夢があふれて
淋しさ知ったの

いつかひとりのひとが
きっと君を見つけ出すよ
その切なさは
愛に出逢うためにあるから

遠い夏の日の
君が微笑う写真
ずっと大事にしている訳を
誰も知らない

氷の息を吐いて
雪空の下で
弱い心を君は支える
変わらぬ笑顔で…

あの夏服の頃を
悲しい日は想い出して
優しいことは間違ってないと
何度でも気がつくよ

たったひとつの愛を
生きるために生まれたんだ
愛は傷んだ心にだけ
架かる夢だよ

いつかひとりのひとが
きっと君を見つけ出すよ
その切なさは
愛に出逢うための道程

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

リアルタイムランキング更新:07:30

  1. 明け星
  2. Rocketeer
  3. Brighter
  4. BOY
  5. oasis

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. 明け星
  2. Rocketeer
  3. Brighter
  4. 阿修羅ちゃん
  5. 北斗七星

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照