試聴する

母灯り

この曲の表示回数 815
歌手:

伊達悠太


作詞:

かず翼


作曲:

大谷明裕


秋が来るたび 縁側で
柿の皮むく 母でした
荷物にそっと 入ってた
干し柿今は 懐かしい
一目だけでも 逢いたくて…
心のふるさとに あぁともる母灯り

今も悩んで 迷うたび
母に聞きたい ことばかり
幸せならば 振り向かず
生きたいように 生きなさい
いつも言ってた あの言葉…
心のふるさとに あぁ今日も母がいる

鏡のぞけば 近頃は
母に似てきた… ふと想う
自分のことは 後回し
家族に尽くす ひとでした
それでいいのと 微笑(わら)ってた…
心のふるさとに あぁともる母灯り
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:母灯り 歌手:伊達悠太

伊達悠太の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2020/11/18
商品番号:TECA-20065
テイチクエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP