夜明けの詩

この曲の表示回数 2,391
歌手:

北島三郎


作詞:

原譲二


作曲:

原譲二


気取っちゃみても しょうがない
死ぬときゃ誰も 裸じゃないか
ないない尽くしと 笑われて
耐えて来たのさ 頑張りながら
昨日 無くした 小ちゃな夢も
百の中には 必ずあるさ

何処かで誰か 泣いてたら
知らぬふりして 置いては行けぬ
他人に優しさ 伝えたい
変わる世間を 確かめながら
いつも守って くれてるあいつ
そんなお前は 俺いらの宝

廻り道でも 焦らずに
厚い情けは 忘れちゃならぬ
言わず 語らず それも良し
たてた誓いは やるしかないさ
描いた自分の 筋書き通り
進む男の 夜明けの詩さ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:夜明けの詩 歌手:北島三郎

北島三郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2020/09/02
商品番号:CRCN-3624
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP