試聴する

夏の重力

この曲の表示回数 1,426

消えてゆく夏の雲に ぶら下がった僕の影
忘れものは遠い空 どこまでも流れていた
追いかけて追いかけて 小さなその命すら
永遠に輝いて 無限の旅に誘うよ

手放せば消えてしまうから
閉じ込めて眺めていたのに

名前を呼ベばいつかは
また会えると思っていた
あの遠い夏の輝きに
重なり合った記憶の隅に吸い込まれ
そこにはもう僕らいなかったんだ

海風混ざるあの街どこまでも歩いた道
裸足のままで 駆け出して 砂粒に世界を見て
近づいては離れてゆく眩しい光に触れて
冷たくて驚いた 足跡を辿っていた

閉じ込めた景色に映った
少しずつ近づく光に 潜ろうと息を吸い込んだ

飛び出した景色に映った
照らされた心を見つけた
輝きはここにあったのに

泳いでゆけば いつかは
辿り着くと思っていた
あの遠い夏の輝きは
重なり合った記憶の波に飲み込まれ
ここにはもう僕らいなかったんだ

泳いでゆけば…
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:夏の重力 歌手:The Songbards

The Songbardsの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2020/09/23
商品番号:VICL-65406
ビクターエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP