試聴する

銀河の風

この曲の表示回数 2,693
歌手:

THE PINBALLS


作詞:

THE PINBALLS


作曲:

THE PINBALLS


もしも君が 宇宙の果てまで 今すぐにでも行きたいなら
飛行機にのって 蒸気船にのって 今すぐにでも 行こう

チケットを失くした 2人だけになった 今でも遅くはないから
走っていってもいい 泳いでいってもいい
歩いてだって行けそうな気がする

光る銀河の向こうまで
降り続く線路の雨
2人だけを残したまま
すべてが 遠くなっていく

左の肩に アンドロメダがあり まぶたに輝くデネブ
覚えきれないほど 語りつくせないほど
美しい名前で うめつくされる

光る星座の向こうまで 降り続く銀河の風
2人だけを残したまま すべてを 忘れ去っていく

君は僕の最後の魔法使い
いつでも愛していたけど 思い出はもう
流れ星の向こう

光る銀河の向こうまで
降り続く線路の雨
2人だけを残したまま
すべてが 遠くなっていく

どこまでも どこまでも
輝くものなんて どこにもなくても
行こう ただ流れ落ちてくる風を
頬にうけながら
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:銀河の風 歌手:THE PINBALLS

THE PINBALLSの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018-11-14
商品番号:COCP-40538
日本コロムビア

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP