試聴する

悪魔は隣のテーブルに

この曲の表示回数 295
歌手:

THE PINBALLS


作詞:

THE PINBALLS


作曲:

THE PINBALLS


あらゆる予言者が
ドアや 肩を優しく叩きながら
囁く 悪い運命のことを
引き返したほうが身のためだと

七色の未来を
薔薇色の未来を
欲しがると思っていたのか

あげるよ あげる
どんなに恐ろしい星が輝いても
誰のものでもない
透明な雨に打たれる
明日を選ぶよ

隣のテーブルで悪魔が
君の心を欲しがっている
「いつかはなくしてしまうはず」と
血をしたたらせたフォークで

手に入れたぐらいで
くちづけたぐらいで
奪えると思っていたなら

あげるよ あげる
どんなに恐ろしい星が輝いても
すべてが消えた
透明な胸に
流れる歌がある

変えるよ すべて
君が恐れる星が輝く夜は
東の空に陽が登るまで
何も見えないように
すべてを壊してあげるよ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:悪魔は隣のテーブルに 歌手:THE PINBALLS

THE PINBALLSの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2020/09/16
商品番号:COCP-41235
日本コロムビア

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP