試聴する

299792458

この曲の表示回数 137
歌手:

THE PINBALLS


作詞:

THE PINBALLS


作曲:

THE PINBALLS


この穴が空いた心に
似合うビートを探す
黄昏時 路地裏に
置き忘れてきたのか

どこで なにをしていても
なじめない気持ちでいる
まるで 別の惑星の
宇宙生物のように

さよなら 遠ざかる影に
手をふったよ
さよなら 探していたのは
きみだったよ

明日では遅すぎるんだ
沈んでしまうだろう
夕焼けが

帰り道がわかるように
窓の灯りは揺れるのに
今夜だけは
いちどきりも
輝いて見えないから

せめて心の中では
きみの事を みている
この世界でたったひとり
残された気分だから
今夜は

この穴が空いた心で
そとの世界を見てる
きみが笑うときだけ
胸の奥がふるえた

さよなら 遠ざかる影に
手をふったよ
さよなら 探していたのは
きみだったよ

明日では遅すぎるんだ
変わってしまうだろう
すべては

帰り道がわかるように
窓の灯りは揺れるのに
今夜だけは
いちどきりも
輝いて見えないから

せめて心の中では
きみの事を みている
この世界でたったひとり
輝いて見えるから
今夜も
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:299792458 歌手:THE PINBALLS

THE PINBALLSの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2020/09/16
商品番号:COCP-41235
日本コロムビア

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP