それなりに青い鳥

この曲の表示回数 9,026
歌手:

村上幸子


作詞:

阿久悠


作曲:

三木たかし


爪を噛む 女にだけ
聴こえる あの歌は
裏切りの哀しみか
男の呼びかけか
ひゅる ひゅると鳴るのは
真冬のあらしでも
泣いたら駄目 死んだら駄目
それなりに青い鳥

膝かけの 上で読む
破れた手紙には
いいころの想い出や
未練の数々が
哀しげな演歌(はやりうた)
遠くで 聴こえても
泣いたら駄目 死んだら駄目
それなりに青い鳥

窓ごしの漁火は
はかなく搖れてても
泣いたら駄目 死んだら駄目
それなりに青い鳥
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:それなりに青い鳥 歌手:村上幸子

村上幸子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1996-07-22
商品番号:CRCN-50040
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP