試聴する

泡沫花火

この曲の表示回数 9,070

生温い風が頬を撫でるように
ふわり触れた手の汗ばむ
夜半の夏

煙草の煙が鼻を擽るたび
幼い私を少し背伸びさせる

花火が打ち上がるまで
少し離れたとこで見つめていたい
はだけた浴衣姿が
光のシャワーより綺麗に映り込む

波打ち際 二人の不揃いな足跡が
さざ波に流されて想う
泡沫の恋だと

ほろ苦くて淡いこの恋と対照に
甘い甘い綿菓子のような
口づけを夢に見る

明け方 寝惚け眼でゆらり
気怠げに火を付けた貴方が
今にも消えそうなほど
儚く何よりも愛しくて

溶けない魔法の氷が
纏わりついて動き出せないよ
あと一歩さえ踏み出せたなら

夏の終わり 藍色に染まり
止まないひぐらしに紛れて
声を枯らし名前を呼んでも
貴方は気づかないのでしょう

花火が打ち上がるまで
二人寂しさ埋めるように求め合い
実らない果実の種が
心の隅っこで芽生えてる
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:泡沫花火 歌手:神はサイコロを振らない

神はサイコロを振らないの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2020-07-17
iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP