Adesso e Fortuna~炎と永遠~

この曲の表示回数 16,707
歌手:

Sherry


作詞:

新居昭乃


作曲:

新居昭乃


月あかり
風の羽音に降りる
蒼い水の上の夜
いつまでも冷めやらぬ指先で
想いをつづる

Io sono prigioniera
私を背中から抱きしめて
囁く貴方の国の言葉は
すこしだけ切ないロマンティーク
貴方のとりこ

Io sono prigioniera
今夜貴方は
私を優しく包んでくれた
けれど朝の陽に照らしても
黒い瞳は私に
そのまま きらめくの

もう一度 私を深い夜に
連れ戻して片言のアモール
すこしだけあやしげな唇が
私を溶かす

Io sono prigioniera
今夜貴方は
私を優しく包んでくれた
けれど朝の陽に照らしても
黒い瞳は私に
そのまま きらめくの
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:Adesso e Fortuna~炎と永遠~ 歌手:Sherry

Sherryの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1990-07-21
商品番号:VIDL-19
ビクターエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP