試聴する

盆の酒

この曲の表示回数 1,691

初めて迎える 親父の盆は
蝉が騒いだ 年だった
今でも忘れぬ 大きな背中
線香つけて 提灯ともし
思い出肴(さかな)に 盆の酒

頑固(がんこ)をつらぬく 証(あか)しの皺(しわ)は
男の歴史だ 勲章だ
酔うたびいつもの 口ぐせだった
気づいてみれば おんなじ道を
歩いているのさ 盆の酒

川面(かわも)にいくつも 灯篭(とうろう)揺れて
別れを惜しむ 夏がゆく
笑った親父の 面影うかぶ
真っ直ぐ生きろ… 聞こえた声に
心で交わした 盆の酒
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:盆の酒 歌手:鳥羽一郎

鳥羽一郎の新着情報

  • 花板の道新着 / ♪からだひとつで故郷捨てて
  • 男の庵 / ♪春まだ遠い如月は北風襟立て
  • 港こぼれ花 / ♪港海鳴り北の果て軋む戸口の
  • 十国峠 / ♪霧の晴れ間の箱根路を
  • 詫び椿 / ♪真の恋などあるのでしょうか

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2020/03/25
商品番号:CRCN-8325
日本クラウン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP