試聴する

illumination

この曲の表示回数 2,809

眠らぬ街の片隅でただ独り
ネオンサインに囲まれ見上げた夜空
片手で指折り 数えられるほどしか見えない
星屑が物語る 人混みの中に擬態してる僕を

見つけ出してよ あの星のように
いつかは僕も輝けるかな

君は知ってるかい?
此処から見える星座が1万6000年前の姿だったなんて
遥か遠く昔 燃え尽きたとしても
未だ光を放って 照らしていたんだ

僕らの唄が 時代を超えて
どうか永久に 響きますように

才能なんてさ 僕にはないけれど
唄うことだけが 全てだから
それしかないから
それだけなんだ

くたびれた靴履いて 何処か遠くへ
誰も知らない町まで 星を見に行こう
あまりに綺麗で こぼれ落ちる涙に
気づかずに 動けずに
立ち尽くしたまま 見上げていた
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:illumination 歌手:神はサイコロを振らない

神はサイコロを振らないの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2020/02/19
商品番号:DKNN-1002
ディーケーエヌ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP