試聴する

海の町

この曲の表示回数 215
歌手:

the satellites


作詞:

白石亮太


作曲:

the satellites


羽をもがれた夜光虫の様に、私は地面を這いずって。
君をなくしてもお腹が空くことすらなんだか嫌だった。
怖かったものも全部、どうでもよくなった。
君がくれたニット帽をまだ持っている。

ベッドの上、涙を堪えて。
君が私に言ったような
「ずっとここに居て欲しい」
って、言葉が私は何よりも怖かった。
ありがとうもまだ隠し持ったまま。

海風が吹いた潮の町で、君のことを探している。
ねえ、バス停セーラー服、後ろ姿を錯覚した。
記憶に残らなきゃ、記憶に残らなきゃって。
馬鹿みたいに繰り返したよ、君を愛してるって。

少しずつ日々が薄れていって、言葉選びが上手になった。
今じゃ君にあの子の影すらも匂わせることはないな。
それでもまだ奥の方、あなたが息づいていること。
君は知らないままでいい
知らないままでいい。

苦しかったこの残像すら、美しい記憶になった。
今が嫌になる程に、まぶたに焼きつくほどに。
こんな私の戯言なんて海の底に沈めばいいのに。
ずっと言葉を書き連ねたんだ、また会いたくて。

もう、会えないな。
あの日々で歌えてた歌も、今じゃ歌えなくなった。
君がずっと「行かないで」と泣いて居たこと、涙の水溜りにだって
気づいて居たんだ。

海風が吹いた潮の町は君のことをどう変えた?
涙が降った日もずっと君を見てた。
今更会いたいな、これまでの私を伝えたくなった。

海風が吹いた潮の町の君のことを歌っている。
どんな空の下、君は笑ってるの?
あなたに会いたいな、今でも愛してるって。
変わらないままの心の形をあなただけに歌えたらいいのに。
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:海の町 歌手:the satellites

the satellitesの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

loading

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP