試聴する

星になる

この曲の表示回数 327
歌手:

the satellites


作詞:

白石亮太


作曲:

the satellites


人に言えない不安が増えて、漠然としたそれらが悩みに。
可能性を信じて明日へ羽ばたけなんて身投げとしか思えない。
人より感性鈍いのねって、耳を塞いでも聞こえて来るなぁ。
あんまり人の感情に触れたくないから部屋から出ないだけ。

いつかは変わると信じて、でもいつかっていつやって来るの。
大人になってしまうんだな、この声もいつか枯れるのかな。
彼女は真夜中星を見つめ、私もいつか星になると語る。
おはようおやすみを繰り返してまた何事もなく今日が終わった。

人と話すのが苦手になった、小学生の頃と真逆だね。
お酒に頼る夜が増えた、酔ったら君に電話をしたくなった。
頼るべき人が誰かわかるけど答えがなんとなく出てしまった、
頼ることが急に怖くなった、だって結局頑張るのは自分。

いつか無くなることを信じた、この体もこの世界も。
それなら少しは頑張れるから、説教はいいから少し温めて。
荒野を歩く旅人になり、少しでも早く朽ち果てれたら。
いつかは変わると信じた、あの日の僕も少しは報われるな。

際限なく名前を呼んだ、あの日の影はまだ色濃く。
難しい言葉を使えば、少しはマシな歌になると思った。
閉じこもった部屋の中、君がなんどもノックするもんだから
光を少し浴びたくなった、
報われる気がした。

「いつかは変わると信じて、私を信じて歩き出してね。
あなたが進むのが怖いなら、私あなたとともに歩くわ。」

いつかは変わると信じて、歩き出す少年は荒野を進む。
なるほど夜なのに明るいのは、あの星が照らすからか。
彼女は星になってもずっと温もりを僕に届けてくれた。
いつかは変わると信じて、未だ遠い夢まで君を連れて行く。

いつかは変わると信じて。
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:星になる 歌手:the satellites

the satellitesの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

loading

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP