試聴する

STAGE

この曲の表示回数 317

いつもの様なこのステージも少し違って見える
自分の気持ちを伝える為 僕は生きてる
君が見る僕のステージはこれが最後になる
数えきれない日々を経て ここで歌ってる

いつからか当たり前のように生きてしまってるんだよ 僕らは

この茜色に染まる夕日の様に僕を照らすステージ
沈んでいくこの姿を あの日の様に僕が消え行くのを 見つめていて

いつの日か いつの日にかまた 君と会える日までずっと歌うよ

いつの間にか僕らも歳を重ね老いて行くんだろう
儚いこの夢を握りしめていつか帰ってくるよ
その時まで待っていてね

いつもの様にこのステージが愛で満ちてく
数えきれない人に支えられ 僕は生きてる
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:STAGE 歌手:イイプルギスの夜

イイプルギスの夜の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2019-09-11
商品番号:TH-206
ローズクリエイト

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP