試聴する

夜明けの詩

この曲の表示回数 3,061
歌手:

村上智里


作詞:

T.TAKAMITSU


作曲:

T.TAKAMITSU


19で男の 言葉に抱かれて
心のすき間を あたためていたわ
季節はずれの 雪の中
ふるさと背にして 夢を見た
夜明けの 都会は
灰色の街

寂しさこらえて 強がってみても
むなしい思いは かくしきれない
嘘に染まった キズ跡に
わざとらしさが しみついた
夕闇の 街の灯も
雨に泣いてる

卒業写真に 想い出めぐらせる
あの頃あたしは むじゃきな笑顔
一度は咲いて 散る花も
季節が変われば よみがえる
もう一度 もう一度
夢を見させて
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:夜明けの詩 歌手:村上智里

村上智里の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2019/06/19
商品番号:TECA-13936
テイチクエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP