試聴する

曇りのち

この曲の表示回数 3,874
歌手:

Saucy Dog


作詞:

石原慎也


作曲:

Saucy Dog


月明かりに照らされた街
いつしか世界は寝静まって
星の見える川沿いの道に
口笛を響かせた夜

やがて僕は遥か彼方に
光る小さな点になって
雲に隠されて見えなくなる
そんな風に思うようになった

居ても居なくても良いと
言われている気がして
震えながら生きていました
白い息止めてみた

明日の予定もないまま
ぼんやり天井を見つめた
ソファーにカラダを預けて
だらしなく生きる僕を許して

何もかもが上手く行かない
不安が僕を押し込めても
いずれきっと上手く行くはず
まぁそんな根拠は何処にもないけど

ふわりふわりと浮かんだ
雲に憧れた
吸って吐いて繰り返す
呼吸が苦しくなる

明日も今日と同じく
誰かに合わせて息をする
自分が生きてる事すら
ひとりになると分からなくなった

明け方せかせかと忙しそうに
世界は回り出した
白けた空が星を隠したら
僕は居なくなるんじゃないかと思ったよ

止まないファンファーレ
またクラクションが鳴り響いている
変われない僕を叱っているように
聞こえたんだ聞こえたんだよ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:曇りのち 歌手:Saucy Dog

Saucy Dogの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018-05-23
商品番号:MASHA-1006
MASH A&R

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP