橋~“実録”仁義なき寄合い

岡林信康

橋~“実録”仁義なき寄合い

作詞:岡林信康
作曲:岡林信康
発売日:2009/02/18
この曲の表示回数:10,371回

橋~“実録”仁義なき寄合い
寄合いの席で 区長さん
聞いておくれよ 皆の衆
村のあの橋ゃ もう駄目だ
怖くて通せぬ 耕耘機
そこでお上に願うたら
村でもなんぼか 銭出せと
こういう話じゃ なんとしょう
銭は惜しいし 命も惜しい
何ぞないかえ よい思案

万次郎さんが 乗り出して
聞いておくれよ 皆の衆
台風なんぞの 災害で
橋がポキリと いったときゃ
お上が全額 持つそうな
そこでどうじゃろ 大水が
出た時みんなで のこぎりを
持ち出し橋げた 切ったらば
きっとゆくゆく うまくゆく

煙草ふかして 岩太郎さん
待っておくれよ 皆の衆
それそれ隣の あの村じゃ
去年の大水 出た時に
区長が号令 かけたので
みんながのこぎり もち出して
橋げたギコギコやったのが
お上にばれて 大騒ぎ
やばい橋なぞ 渡れんぞい

それまで寝てた 長さんが
むっくり起きて 皆の衆
どうじゃろ冬の 雪かきに
かいた雪をば 橋の上
みんなで捨てたら よかろうが
ひと冬せっせと 村中の雪を
集めりゃかなり 重いもの
そうすりゃ必ず ポッキリと
落ちて流れて うまくゆく

みんなが賛成 しかけたら
綱ちゃんひとり 青い顔
待っておくれよ 皆の衆
俺らの家は 川向こう
雪で橋をば ふさがれりゃ
家の出はいり 何んとする
おまけにそれで あの橋が
落ちりゃええけど 落ちぬ時は
俺らひとりが 馬鹿をみる

そんなわけで あれこれと
真面目な意見は 出たけれど
なかなか思案は纏まらず
橋は流れず お話は
下の方へと 流れてく
あそこの後家はん だれそれと
ああでもこうでも 何でもない
そのうちみんなで 酒を呑み
歌をうたって サヨウナラ

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム