試聴する

伊良湖悲曲

この曲の表示回数 8,356
歌手:

若山かずさ


作詞:

水木れいじ


作曲:

叶弦大


あんな ちいさな 連絡船が
命あずけた
恋を 恋を 恋を乗せてく 夕日の海へ
呼んだって 止めたって
この手を離しちゃ もう遅い
立つ風ばかりが女を泣かす… 伊良湖の岬

霧にかくれて 抱きよせられて
白い渚を
ふたり ふたり ふたり歩いた 恋路ヶ浜よ
嘘でいい 罪でいい
死ぬまで一緒に いたかった
想い出ひとつに操をたてる… 伊良湖の岬

坂を登れば はるかに見える
鳥羽の港灯(あかり)も
哭いて 哭いて 哭いているよな 菜の花月夜
あの町で あの人が
私を呼んでる 声がする
こんなに好きでも近くて遠い… 伊良湖の岬
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:伊良湖悲曲 歌手:若山かずさ

若山かずさの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2005/06/22
商品番号:COCA-15770
日本コロムビア

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP