花、散る

この曲の表示回数 4,387
歌手:

若山かずさ


作詞:

八島義郎


作曲:

江口浩司


楠の枯葉が散りしきる中に
今満開の 桜花 (さくらばな)
思わずもらす溜め息に
明日は雨だと告げる風が吹く

薄紅 (うすくれない)のその中に
白く咲いてる花もある
命はかなや 桜花 (さくらばな)
そっとよぎっていくよ見えぬ影

吹き巻く風に舞ながら
歩く小道に 楠の葉が
人に踏まれて泣いている
花はぱっと咲いて散っていく
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:花、散る 歌手:若山かずさ

若山かずさの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1995-03-01
商品番号:CODA-589
日本コロムビア

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP