追憶のライラック

この曲の表示回数 186
歌手:

ACIDMAN


作詞:

谷中敦


作曲:

沖祐市


鍵をかけてしまいこんでた思い出を
開いて出かけてみたんだ

風に吹かれ歩いて空を見上げたら
新たな未来が巡るよ

返事も出来ない問いかけを僕にしてた
君は終りがどこだか解っていたのか

何度も
『寂しいときだけそばにいてくれ』と
わがままな僕を抱き締めて
優しく笑った君を思い出し
涙を流していた

時を止めて記憶の中の幸せに
ふたりの全てを浮かべた

これから見つけるどんな美しいものも
敵わないほどの夢を見ていたんだね

何度も
言い出して辞めた言葉の欠片を
集めて繋げる物語
自由に愛した記憶があるから
終わらない未来

『寂しいときだけそばにいてくれ』と
わがままな僕を抱き締めて
優しく笑った君を思い出し
涙を流していた
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:追憶のライラック 歌手:ACIDMAN

ACIDMANの新着情報

  • 白い文明 / ♪もう一度太陽を探して
  • prana / ♪乾いた地平にシリウスの歌が降る
  • ユートピア / ♪太陽追いかけた白い羽根の君
  • 空白の鳥 / ♪また月の影に僕ら隠れていた
  • MEMORIES / ♪小さな光が大好きだった

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2019-03-13
商品番号:CTCR-14956
cutting edge

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP