試聴する

ある証明

この曲の表示回数 58,817
歌手:

ACIDMAN


作詞:

大木伸夫


作曲:

ACIDMAN


鮮やかだったあの太陽が 剥がれ落ちて 過去を閉ざして
世界が止んだ ほんの数秒に 絡んだ線を繋ぎ直して

雨曝しの水芭蕉が 伝えていたのは一つの証明
憂うだろうが 歪むだろうが その花は確かに此処に在った

吹き荒ぶ風の上に 茜色の空 夜が狂い出す前に
手を伸ばした

今 光の中 鮮やかに舞う海
遥か遠い丘で あの鐘が響く
追い掛けた夏の暮れゆく旅路を
未だ果てぬ声 ほとばしる方へ

鮮やかだった遠い幻を 追い掛けていた小さな声
ほんの僅かそんな声が世界を救う事もあるだろう

絶え間なく流る風 迫る夜に走る声 抱えた一つを手に
未来を描いた

今 光の中 溢れ出す意志の
その一滴が 花咲かすのだろう
追い掛けた夏の暮れゆく旅路を
未だ果てぬ声 遠ざかる

吹き荒ぶ風受け 今 意志を掲ぐ
遥か遠い丘で 今 鐘は響く
何度でも息を深く吸い込むのだろう
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ある証明 歌手:ACIDMAN

ACIDMANの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2005-05-18
商品番号:TOCT-4866
EMIミュージック・ジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP