試聴する

半透明のさよなら

この曲の表示回数 1,799
歌手:

杏沙子


作詞:

杏沙子


作曲:

宮川弾


つまさきが冷えて
目覚めたソファの上
手を伸ばしてストーブを点ける

カーテンを開けて見上げた空は
いつも通りちゃんと朝だった

キッチンでコーヒーを淹れてみても苦手なまま
あのとき苦い言葉だって
ちゃんと飲み込めたはずなのに

半透明のさよならを窓に映して
垂れてゆく雫は昨日の涙で
透き通る朝の街の
誰かの白い吐息に
いつかは変わって消えてゆく

指先でまぶたの熱さを感じながら
目をこすって欠伸をふたつする

散らかった部屋の中
隠れた過去の忘れ物も
今日で片付けよう

キッチンでコーヒーを捨てて
甘い紅茶を淹れ直したら

半透明のさよならを窓に描いて
ぼやけてゆくそれは未来の記憶で
透き通る朝の部屋の (朝の部屋で)
誰かの愛しい寝息といつかは眠って
つまさきを寄せ合う
そんな日が来るなんて今は想像もできないけど

半透明のさよならを窓に映して
垂れてゆく涙も描いた記憶も
透き通る朝の街の
誰かの白い吐息に
今ほら 変わって消えてゆく
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:半透明のさよなら 歌手:杏沙子

杏沙子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2019-02-13
商品番号:VICL-65094
ビクターエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP