試聴する

最終電車

この曲の表示回数 6,012

最終電車 降りて深呼吸した
ふと足が動かない
街も人もみんな変わったのに
風の匂いはそのまま

ポニーテールふわり揺れる
傷つくことに忙しかった少女

遠い日の私は
愛されてることなんて知らずに
いつか時が経てば
全部掴めるものだと信じてた
今ならあの娘に何を話そう

濡れた舗道 街灯が映って
花火みたいと笑った
大切にしてたあの恋はもう
なくしてしまったのよ

思いどおり行かないこと
世界中のせいにしては泣いた

好きになったひとを
ただ一瞬も失いたくなかった
つよく願うことは
永遠につながるって信じてた
誰かの痛みも知らずに走った

何も 何も哀しまないで
すべてのことが今日に繋がったの

ここにいる私は
もう自分だけのために生きられない
永遠とはぐれて
守りたいものがやっとわかったの
今ならあの娘に伝えられるの
この想い きっとあなたがくれたと

このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:最終電車 歌手:川江美奈子

川江美奈子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2005-04-20
商品番号:MUCD-1125
Dreamusic

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP