この曲の表示回数 785

隣に座るあなたの顔 曇ったのはなぜだろう
いちいち気にしてしまう 私の性格のせいかな

なるべくふたりでいたかったの
特別な場所なんかいらない
こうして何にもしなくても
幸せで満たされてるの

うまく伝えられない もどかしい夏の終わり
触れてしまえばきっと 小さな夜空の星のように
不器用でも光り放つ
ふたりを染めてく

まだ一緒にいて って言えたなら どんな顔をするかな
もう空になった缶コーヒー 持ったまま歩くその背中

どうしてふたりじゃない時には
逸らしてた目を合わせられるの
何にも変わってないって風に
優しさのカケラをくれる

淡く光り続ける まるでこの夏の終わり
触れてしまいたくても ただただ 苦しみから逃げて

嘘だけがふえてく
ごめんね 本当は
この気持ちはもう隠せないよ
でも…

うまく伝えられない もどかしい夏の終わり
触れてしまえばきっと 小さな夜空の星のように

強く光り始める ふたりだけの夏の終わり
今はただ願うだけ セツナイ歌にならないように
不器用でも光り放つ
ふたりを染めてく

あなたに染まってく
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:恋 歌手:上西星来(東京パフォーマンスドール)

上西星来(東京パフォーマンスドール)の新着情報

  • 新着歌詞がありません

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018-11-21
商品番号:ESCL-5141
ERJ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP