試聴する

道端

この曲の表示回数 14,759
歌手:

柴田淳


作詞:

柴田淳


作曲:

柴田淳


砕け散った破片の一つみたいに
それ自体になんの意味もなくて
転がってるだけの私がいるみたい
この街角で

私が今ここでこうしていること
誰が見てて誰が気付いているの?
立ち止まれば怪訝な顔が横目に
通り過ぎていく

いつからそんなふうに笑わなくなって
近道ばかりを選ぶ生き物になってしまったの?

晴れた日をどうして嬉しいと思っていたんだろう
透き通る青空 誰も見上げはしない

踏みつけていく その水溜りの中を
覗いたのはいつの頃のことか
小さな空 足元に見つけたこと
宝物だった

「君じゃなくてもいい。」そんな時代なら
まだ忘れていない大きな宇宙へと羽ばたいていこう

足元の青空を壊さないように歩いている
あの頃の私は今もここにいるの

いつかこの青空を紅いと言う子供に出会ったら
紅く見える日まで見上げ続けるだろう

きれいな花を見てきれいだと言える人でいたい
雨上がりの空を嬉しいと思うように
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:道端 歌手:柴田淳

柴田淳の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2005-03-30
商品番号:MUCD-1118
Dreamusic

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP