この曲の表示回数 6,297

風に乗り泳いでく雲を見ていた
雨が降りぬかるんだ土を見ていた
何故かしらひとりでもさみしくないんだ
トロトロと溶けていく夕陽を見ていた

水に流そう今までの嘘傷つけるような言葉も
だからしっかり受け止めるんだ
目をちゃんと見開いて

水に流そうこらえきれずに流した涙さえも
本当だったらぶっ飛ばしてる
お前じゃなかったら

イライラとガミガミとネチネチとキーキーと
シワよせて血走って怒るのはもうやめだ

キラキラと星のように水面が揺れて
そよそよと鼻の奥に香りが届いた
僕はただこの土手に座り込んだんだ
ふとしたら消えている夕陽を探して

水に流そう悪気はないと頭ではわかっているよ
だけど毎回こんなだったら何の成長も無いぜ

水に流そうきっとみんなはあきれると思うけど
本当だったらぶっ飛ばしてる
お前じゃなかったら

憎んだり恨んだりで自分までも醜くなる
笑い飛ばせその顔が何よりも素敵だから

大きくて嘘の無い月を見上げた
何故なのか忘れるほど静まり返った
跳ねている魚さえ大きく感じる
何故かしら君のこと思い出したいんだ

風に乗り泳いでく雲を見ていた
雨が降りぬかるんだ土を見ていた
何故かしらひとりでもさみしくないんだ
トロトロと溶けていく夕陽を見ていた
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:春 歌手:セクシーパンサー

セクシーパンサーの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2005-03-09
商品番号:TKCA-72829
徳間ジャパンコミュニケーションズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP