うた

この曲の表示回数 7,216

遥か彼方に浮かぶ 虹色の街
いつかいつの日か 羽を広げる日まで
ぬるい川 流れて染まり
人はいつも 手遅れになるまで
因縁に 気づかないのか

ぜひ
聴いてもらいたい 歌があるんだ
僕のこと 好きじゃなくてもいいから
一人 二人 通り過ぎても
行かないで
最後まで そばにいて

瞼静かに開けて また閉じる時
生きていることが ふわり風とほほえむ
愛と夢 信じて飛ばせ
祈ることや 感謝をすることは
人間の 始まりだから
ぜひ
行ってもらいたい 場所があるんだ
僕のこと 不思議だと感じたなら
一人 二人 通り過ぎても
行かないで
僕に騙されてみて
流れるまま流されて 戦うことで失い
それでもまた繰り返す
人は ひゅるりらゆらいやいや

ぜひ
聴いてもらいたい 歌があるんだ
僕のこと 好きじゃなくてもいいから
一人 二人 通り過ぎても
行かないで
最後まで そばにいて
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:うた 歌手:月の203号室

月の203号室の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2005-03-02
商品番号:PCCA-70107
ポニーキャニオン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP