試聴する

じょんがらひとり旅

この曲の表示回数 7,367

ねぶた終れば 秋がきて
やがて木枯らし 雪が舞う
指の先から 血がにじむ
三味線(しゃみ)は名ばかり まだ道半ば
うなる はじける 凍りつく
男じょんがら ひとり旅

意地じゃ弾けない 太棹は
熱い命の バチで弾く
風の下北 後にして
行くはわが道 いばら道
先は地吹雪 山嵐
北のじょんがら ひとり旅

通りすがりに 受けた恩
三味線でひと節 恩返し
腹が減ったら 雪を喰い
ゆるむ かんじき また締め直す
叩く 揺さぶる 突き刺さる
燃えてじょんがら ひとり旅
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:じょんがらひとり旅 歌手:エドアルド

エドアルドの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

loading

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP