試聴する

いちから二人

この曲の表示回数 17,746
歌手:

神野美伽


作詞:

荒木とよひさ


作曲:

弦哲也


雨の裏街 昭和の灯り
ともす暖簾の 酒場(みせ)ならあるが
この都会(まち)売って ひとつの傘で
俺(おい)らが生まれた 故郷(ふるさと)で
出直ししないか いちから二人

雨が背中に 昭和が遠い
何もいいこと 掴めぬままに
夢だけ喰って 生きてたけれど
俺(おい)らが生まれた 故郷(ふるさと)で
残りの人生 いちから二人

雨にネオンが 昭和が煙る
詫びる昔が 浮かんで消えて
若くはないが 最後の恋を
俺(おい)らが生まれた 故郷(ふるさと)で
死ぬまで一緒に いちから二人
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:いちから二人 歌手:神野美伽

神野美伽の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018-06-27
商品番号:KICM-30864
キングレコード

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP