人生ど真ん中

この曲の表示回数 3,496
歌手:

鳥羽一郎


作詞:

朝比奈京仔


作曲:

木村竜蔵


辛(から)い時代の ど真ん中
逆風(かぜ)にもまれて 思い出すのさ
南十字のふるさとを
赤銅色のあの背中
しぶい親父の しゃがれ声
俺にうたった おとこ唄
命はれ きばらんかい
意地が鋼(はがね)になった

男人生 ど真ん中
故郷(くに)の地酒を つがれつがれて
夢を呑みほす 男意気
五臓六腑にしみわたる
酒は この世の宝じゃないか
ひとつ聞かそか おとこ唄
命はれ きばらんかい
酒は血潮になった

ここは東京 ど真ん中
都会荒波 夜叉の街にも
泣いているよな 陽が沈む
故郷を離れて 若造が
胸に刻んだ あの唄は
海が根城の おとこ唄
命はれ きばらんかい
唄で男になった
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:人生ど真ん中 歌手:鳥羽一郎

鳥羽一郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018-06-13
商品番号:CRCN-8152
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP