試聴する

銀河鉄道の夜を越えて

この曲の表示回数 1,011
歌手:

H△G


作詞:

H△G


作曲:

H△G


聖なる夜に独り立つ真冬のプラットホームから、
千の蛍のような灯りが遠くに見えた。

星祭りの夜にあの停車場で立ち止まったままの僕らは、
天気輪の柱、銀河ステーションを今でも探してるんだ。

銀河鉄道の夜を越えて、また君に逢える気がした。
星めぐりの歌たち、ほら聴こえるこんな夜には。

水晶細工のような銀杏の木を見上げ歩いた。
君を好きだったこと、誇りにして生きてるよ。

北へ北へと向かうあの夜汽車の中で、
君が僕に聞かせてくれた、
たった一人きりの神様の話しを今さら思い出してる。

銀河鉄道の夜を越えて、また君に逢えるといいな。
雪めぐりの歌たち、ほら響いたこんな夜には。
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:銀河鉄道の夜を越えて 歌手:H△G

H△Gの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018-02-14
商品番号:TKCA-74628
徳間ジャパンコミュニケーションズ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP