試聴する

夢の轍

この曲の表示回数 1,148
歌手:

H△G


作詞:

H△G


作曲:

H△G


錆びついたバスに揺られながら、
年の瀬が迫る町を眺めてた。

痛みまで時が解決して、
やがて記憶から消えてくとしても。

寂しさや希望、不安も全部。
この場所にはその全てがあった。

どうしようもない僕らをいつも、
肯定してくれた。厳しさとともに。

ため息は白くなって冬空に消えてった。
失うことの怖さやリアリティもないくらい。

夢は形を失くしたまま、
ずっとこの胸の中にあるだろう。

さよならさえも上手く言えずに、
終わりかけた思いの数だけ花束を。

流行り歌ばかり奏でないで、
夢のある歌を奏でなさい。

あなたがいつも言ってた言葉は、
今もここにある。ここにあるからね。

昨日と同じ今日を大切にしたかった。

でも今日と同じ明日を待ってる訳じゃないよ。

夢は轍を残したまま、
きっと彷徨い続けてゆくだろう。

ありがとうさえも上手く言えずに、
終わりかけた何かが僕らを締めつける。

夢は形を失くしたまま、
ずっとこの胸の中にあるだろう。

さよならさえも上手く言えずに、
終わりかけた思いの数だけ花束を。
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:夢の轍 歌手:H△G

H△Gの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2020/03/25
商品番号:NEXR-1
FEEL MEE

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP