試聴する

ミルク

この曲の表示回数 476
歌手:

H△G


作詞:

H△G


作曲:

H△G


君のとなりで笑って、君のとなりで息をして、
君のとなりで泣いて、君のとなりで夢を見ていた。

君がこの部屋に来たのは今夜みたいに寒くてさ。
窓の外には“しんしん”と雪の降る夜だったよね。

君はまだ幼く、僕もまだ幼く、
二人して泣いてばかりいたことを覚えてる。

凍えそうな冬の日の真っ白で静かな夜。
あの日から僕は、泣き虫な僕は、少し変われたんだ。

君がいてくれたこと、君のそばにいられたこと。
大人になっても、歳を重ねても、忘れない。
忘れはしないだろう。

君の大好きなミルクをコンビニで買った帰り道。
ふと部屋の窓を見上げたら、君もね 外を眺めてた。

別れの日が来ること、いつか会えなくなること、
出会った日から分かってはいたけど。

凍えそうな冬の日の真っ白で静かな朝。
あの日から僕は、泣き虫な僕は、強くあろうとした。

君がいてくれたこと、君のそばにいられたこと。
何年経っても、家族が出来ても、忘れない。
忘れはしないだろう。

君のとなりで笑って、君のとなりで息をして、
君のとなりで泣いて、君のとなりで夢を見ていた。
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ミルク 歌手:H△G

H△Gの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018-02-14
商品番号:TKCA-74628
徳間ジャパンコミュニケーションズ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP