あの夏、僕らは。

この曲の表示回数 3,449
歌手:

H△G


作詞:

WISH CREW(H)


作曲:

YUTA


あの夏 僕らは、真夜中の神社で耳を澄ましながら、
遠くで鳴り響く雷を見ていた。ただ、ずっと見ていた。

幼き日、手を引かれて歩いた祭り路。
手筒の花火と綿菓子。

僕ら過ごしたあの夏、遠い記憶の彼方今でも。
あの日の面影残したまま、君は大人になってたんだ。
僕を残して…

あの夏 僕らは、夕闇の神社で薄暗くなるまで、
二人で作った秘密基地探した。ただ、ずっと探した。

幼き日、身を潜めて隠れた社の中。
神様蜻蛉が揺れてた。

鳴り止まない蝉時雨、夕立ちの気配がした夏の日。
切り過ぎた前髪を気にして、君はずっと俯いたまま
手を振っていた…

僕ら過ごしたあの夏、遠い記憶の彼方今でも。
あの日の面影残したまま、君は大人になってたんだ。
僕を残して…

夏の終わり告げるように遠い夜空に谺した花火は、
少しの寂しさ残したまま、僕ら大人にしてゆくんだ。
気づかぬうちに…
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:あの夏、僕らは。 歌手:H△G

H△Gの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2014-05-14
商品番号:WWHC-1002
Wish Records

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP