反射的スルー

この曲の表示回数 434
歌手:

ラブ・クレッシェンド


作詞:

秋元康


作曲:

杉山勝彦


春に着替えたショッピングモール
満車だった駐車場で待ってた時
何年かぶりに君を見かけて
僕はなぜだか下向いた
反射的…

あれから話してなかったね
かなり大胆なショートカットに意味はあるのか?

愛しさをスルーして 見送るだけさ
声を掛けても今さら始まらない
もしここで サヨナラを償えたとしたら
もっと深く傷つけてしまう
そんな気がするんだ

去年の夏はあっという間で
あの海へもそうあんまり行けなかった
陽灼けの跡も恋の甘さも
消えてしまった風の中
感傷的

二人は変わってしまったね
長い黒髪が好きだったって僕は気づいた

悲しみをスルーして ありふれた日々よ
ふいに切なく心がざわついてる
傷口の絆創膏 少しずつ剥がして
やっと痛み 忘れられたのに…
何を思い出した?

ルームミラーに映ってる懐かしい時間
もう二度とは追いかけられない
遠い場所へ 君はいなくなる

愛しさをスルーして 見送るだけさ
声を掛けても今さら始まらない
もしここで サヨナラを償えたとしたら
もっと深く傷つけてしまう
そんな気がするんだ
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:反射的スルー 歌手:ラブ・クレッシェンド

ラブ・クレッシェンドの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018-01-10
商品番号:AVCD-83956
avex trax

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP