みちのく旅情

この曲の表示回数 6,722
歌手:

北島三郎


作詞:

奥田龍司


作曲:

原譲二


群れにはぐれた 一羽のかもめ
風に吹かれて 揺れながら
どこへ行(ゆ)くやら 帰るやら
月の松島 後にして
遥か彼方の 空高く

枯葉舞い散る 峠の道を
来れば湯けむり いやし宿
旅の情けの 温(ぬく)もりか
会津磐梯(あいづばんだい) 見上げれば
白い帽子の 冬化粧

ひとりみちのく 旅するからは
寒さ辛さに 耐えながら
流れ重ねて 辿(たど)りつく
雪の十和田湖(とわだこ) しんしんと
春の景色が 見えるまで
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:みちのく旅情 歌手:北島三郎

北島三郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018-01-01
商品番号:CRCN-3616
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP