ひとり淋代

この曲の表示回数 381
歌手:


作詞:

海老原秀元


作曲:

岡千秋


わかれの淋しさ 代ってほしい
すがる思いで ひとり来た
秋も晩(おわ)りの 淋代(さびしろ)は
その名に違(たが)わぬ 海のいろ
女のなみだで 染めたでしょうか
風が風が騒(ざわ)めく 淋代海岸

浜辺にこぼれた 小枝をだいて
鳥は渡って 来たという
命がけなど 私には
後悔ばかりが 身をせめる
私におちどが あったでしょうか
逸(はぐ)れ逸れ鳥啼く 淋代海岸

ひとりで来たのに 忘れたいのに
うしろ髪引く 影法師
人を愛した 倖せは
淋しさ消えても 消え残る
心のささえに なるのでしょうか
波が波が煌(きら)めく 淋代海岸
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ひとり淋代 歌手:桜ちかこ

桜ちかこの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2017-12-06
商品番号:CRCN-8111
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP