青春挽歌

この曲の表示回数 212
歌手:

曽我部恵一


作詞:

阿久悠


作曲:

筒美京平


春は乙女の柔肌に
かげろうゆれて 恋を知り
片手の書物 投げ捨てて
ふみ書く我や 花の下

夏は裸のこの胸を
嵐にさらし 夢を知り
旅立つ船は ようようと
舵とる我や 波の上

秋ははかない虫の音に
別れのつらさ 涙知り
去り行く人の うしろ影
みおくる我や 風の中 ああー

冬は女の黒髪に
初雪かかり 情け知り
さし出す傘は 相合の
手を取る我や 雪の中
手を取る我や 雪の中
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:青春挽歌 歌手:曽我部恵一

曽我部恵一の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2017-11-15
商品番号:VICL-64860
ビクターエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP