さみだれ挽歌

この曲の表示回数 7,353
歌手:

立樹みか


作詞:

幸田りえ


作曲:

弦哲也


恋をたち切る つもりで捨てた
指環(ゆびわ)が川藻に 縋(すが)りつく
誰よりも 愛してくれた
あなたがわたしを こんなに泣かす
呼んでもこの手に 戻らない
春を偲んで 女の雨が降る

きっと何処かで あなたの声が
聞こえる気がする 駅通り
しあわせは 儚いものね
あの日に遊んだ 花火のように
思い出ばかりが 燃え残る
消すに消せない 未練の雨が降る

いっそあなたを 怨めるならば
いつかは忘れて ゆくものを
もう一度 片膝触れて
一緒に酔いたい 明日を見たい
遣らずの涙よ いつあがる
外はさみだれ 今夜も雨が降る
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:さみだれ挽歌 歌手:立樹みか

立樹みかの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2004-12-22
商品番号:CRCN-1168
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP