試聴する

PLANET

この曲の表示回数 878
歌手:

時任三郎


作詞:

天野滋


作曲:

馬場孝幸


何気ない笑み 見とれていたよ
誰よりも素敵だね今夜
子供のように 瞳を輝かせ
凍えた手 白い息かけた

遥かな遠い宇宙の時を越え
たどり着いた無二のきらめき
静かに抱き寄せるとき星達は
君の髪をそっと照らすよ

つぶやきを今 耳元で今
君の声細い声聞いた

行方の知れない恋の結末は
永久に続く迷路みたいさ
空では数え切れない星達の
二人だけのショーがはじまる さぁ

わずかな温もり感じたら
何もいらない 強くなれるさ
鎖を解き放せるね二人なら
舟を出そう未来へ向かって

鎖を解き放せるね二人なら
舟を出そう未来へ向かって さぁ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:PLANET 歌手:時任三郎

時任三郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1996-06-05
商品番号:PCCA-945
ポニーキャニオン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP