試聴する

猫にも愛を

この曲の表示回数 11,704
歌手:

indigo la End


作詞:

川谷絵音


作曲:

川谷絵音


僕は君の帰りを待ちながら
飲みかけのコップを倒した
流れた虚像が悲しくて
いつもの引っ掻き癖をしまった
あっ君だ

僕は猫
気持ちを言葉に出来ないから愛される
僕の特権さ
でも今日は伝えたくて
鳴いてみたけど
ニャーって
響いただけだった

君と同じだったら
僕なんか愛されなかった
性格本当は悪いんだ
でもそんなとこも知って欲しかったな、なんて

僕は猫
気持ちを言葉に出来ないから愛される
僕の特権さ
でも今日は伝えたくて
鳴いてみたけど
ニャーって
響いただけだった

野良にも愛を
僕らの標語
僕にも愛を
なんて言えないわな

僕は猫
気持ちを言葉に出来ないから許される
僕の特権さ
でも今日は伝えたくて
鳴いてみたけど
ニャーって
響いただけだった
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:猫にも愛を 歌手:indigo la End

indigo la Endの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2017-07-12
商品番号:WPCL-12676
ワーナーミュージック・ジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP