試聴する

ユリーカの花

この曲の表示回数 6,155
歌手:

Halo at 四畳半


作詞:

渡井翔汰


作曲:

齋木孝平


夜の帳を静かに下ろして
月が寝息を立てる

夢の中でも涙は流れた
次はどこへ行けばいい

差し込む光を拒んで
息苦しさを求め ただ泳いでいく
望む方へ

きっと溢れた悲しみが ほら
水をやって 枯れない花がある
いつか その花を摘んで
この手で渡したい人がいる

心がどこか欠けてしまえば
夢の淵で気がつく

息を止めても 止めていなくても
苦しさは消えないこと

眠りの国へ逃げ込んで
近付く朝の光 まだ怯えていた
どこへ行こうと

そっと 私は枯れない花へ
水をやって ひとりで眺めていた
いつか 忘れてしまうかな
あなたに 今すぐに逢いたいよ

何度 夜へ潜ったんだろう
目覚めるたび 燃やした昨日
深い夢の底には 一輪の希望

きっと 誰もが枯れない花へ
水をやって 夜空に飾るのでしょう
いつか 忘れてしまっても

あなたが心にくれた花が
ああ、そうか
私を見守っている いつでも
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ユリーカの花 歌手:Halo at 四畳半

Halo at 四畳半の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2016-11-09
商品番号:DDCB-14048
SPACE SHOWER MUSIC

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP