試聴する

スプートニク

この曲の表示回数 828

いつかは星になる僕らのことを
憶えていてほしい

呼吸がはじまったその日に僕らは
誰かが用意した宇宙船に乗り込んだ
行き着く場所さえも知らされないまま
生命を燃料にして船は飛び立った

それが長い旅のはじまりだなんて
思いもしなかったな

いつかは星になる僕らのことを
憶えていてはくれないか
燃え尽きて 灰に変わっても
記憶の中で呼吸は続いている

あらゆる形をした不幸の礫を
僕らは避けられず船は遂に墜落した
横たわる身体に痛みが走って
失くした筈なのに何故か妙に嬉しかったんだ

なぜ人は夢を見るんだろう
なぜ人は生まれてきたんだろう
なぜ人は生きていくんだろう
なぜ人は星になるんだろう

すべてが分からないのは
きっと神様の仕業だろう
いつか星になったその時に
答えを教えるんだろうか

それは果たして優しさなんだろうか

いつかは星になる僕らのことを
思い出してはくれないか
夢を見て 心を燃やして
果てまで飛べよ 翔けるスプートニク
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:スプートニク 歌手:Halo at 四畳半

Halo at 四畳半の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2019-06-05
商品番号:COCP-40829
日本コロムビア

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP