女の帰郷

この曲の表示回数 6,202
歌手:

長保有紀


作詞:

もず唱平


作曲:

弦哲也


手のうちに 残ったものなどないけれど
あなたに逢えて幸せでした
外した指輪 手紙を添えて
書棚に挟んでおきました
これで踏んぎり 着くのでしょうか
あ……心が 心が残る 女の帰郷

母さんに 涙もそろそろ枯れた頃
諦めどきと諭されました
二人が験を担いで買った
枯れない造花のバラの花
何の役にも立たなかったわ
あ……心が 心が残る 女の帰郷

ふるさとに とに角一度は帰らなきゃ
自分がみえず 落ち着きません
西陽が部屋の畳を染める
あなたの帰りを待たないで
顔を合わさず お暇(いとま)するわ
あ……心が 心が残る 女の帰郷
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:女の帰郷 歌手:長保有紀

長保有紀の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2016-11-02
商品番号:CRCN-8001
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP